忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グーグルの危機


2015年1月31日の日本経済新聞の朝刊に、検索エンジンに関する記事が載っています。“独走グーグルに包囲網 動画フェイスブック急伸 検索アマゾンが存在感”というタイトルの記事です。日本経済新聞にも取り上げられるようになったのですね。
いよいよグーグルも他社に追い付かれてきたのですね。記事タイトルにあるように、動画のユーチューブはフェイスブックに、検索のGoogleはアマゾンがジワジワと追い上げているとのこと。
検索部門での他の動きとして、米モジラのファイヤーフォックス米国版初期設定の検索エンジンを米ヤフーに切り替えられています。更にヤフーのマリッサ・メイヤーCEOはサファリも取りに行くとのこと。このことにより、SEOも変化を迫られることは間違いありません。
グーグルのシュミット会長は、ライバルはアマゾンだと言っているようです。以前流行した「ググる」は、今では「ググらない」に変わってきているようですし。ではどこで検索しているのか。アマゾンのサイトで直接商品を探す消費者が増えているのだそうです。
グーグルはグーグルで静観しているわけではありません。検索結果に商品商品写真を表示する新型広告を対抗策として展開。ですが、売り上げや利益はまだまだグーグルが勝っているとのこと。これがカメとうさぎになるのか見ものです。

リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化

催眠術師が引き出す前世情報
催眠 前世

愛媛県松山市の民家・企業の大量ゴミ回収サービス
ゴミ 回収 松山

日本語URLの元たる「符号URL」には幾つか種類有。UTF-8、EUC、シフトJIS等
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
PR

SEO対策会社


“SEO対策”で検索すると、検索結果にはズラーッとSEO業者のサイトが並びます。
SEO業者に依頼しようとして検索したと思います。

ではその検索結果の中からどのようにSEO業者を見付けますか。
検索結果の上位に表示されているサイトをいくつか見ていって、なんとなくココが良いかなぁ、すごいホームページだから腕が良さそうだからココにしよう、このホームページのデザインなんだかショボイな・・・ココはやめておこうと思いながら選ぶと思います。

何を重視したいかで決まります。
検索結果の順位の方が重要だというのであれば、ホームページの作りが少々劣っていても構わないどちらかと言えばSEO対策重視か、検索結果の順位はそこそこ上位に表示してくれれば良いから、他ではめったにない珍しい、素晴らしいレイアウトのホームページを作ってほしいというSEM重視か。

目的や対策をする狙いによっても変わってきます。
SEO・SEM対策のどちらを重視している業者なのか。

よく考えて業者に依頼しないと、後々自分が困ることになりますので、安易な気持ちで選ばず、よく吟味した方が良いです。

タイトルテキストは前方と後方に区分し記述内容を分ける。TitleのSEO
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可

ヒプノセラピーで弱点を克服
ヒプノ セラピー 池袋

対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
同じ記事群をPCサイトとスマホサイトで使い回すリスク、検索集客ゼロ
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
重複コンテンツ(非正規コンテンツ)対策。メタタグnoindexが効果的

SEO対策 低価格


出来るだけSEO対策に賭ける費用は抑えたいと思っている方々が多いのか、業者がどんどんSEO対策料金を下げていき、低価格をウリにしている業者も増えています。
注意したいのは、1度でもSEO対策料金を下げてしまうと、二度と値上げが出来なくなることです。

依頼する側は敏感です。よほど腕があるか、信頼関係を築いていてほどけないという以外は、低価格をウリにしている他のSEO業者に流れてしまいます。
安かろう悪かろうではなく、安くてもサービスは良い。

例を挙げますと、メガネ屋がそうです。
昔のメガネは高価でポンポン買い替えることができという代物ではありませんでした。

ですが今はどうでしょう。
だからといって粗悪な商品ではありません。

むしろセンスの良いフレームが揃っています。
SEO対策もそのような感じです。

中には低価格だけどサービス内容も粗悪だという安かろう悪かろうのSEO業者もありますが、減ってきています。
SEO対策が少しずつ世間に知られていくにつれて、悪徳SEO業者も減っています。

昔はSEO知識のある人が少数でしたので悪事がばれにくかったこともあります。
とはいっても、悪徳業者がゼロになったわけではありませんので、いずれにせよ注意は必要です。

URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?

退行催眠で過去情報に遡る
退行 催眠

完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
コンテンツ内容にピッタリ合うキーワードでしか安定上位表示は狙えぬ
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で