忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SEO対策 激安


激安、SALE、格安、タイムSALE、消費者にとってはとっても魅力的な言葉たちかと思います。
しかし、消費者の心はコロコロ変わります。諸行無常です。

諸行無常とは、この世に存在するすべてのものは、同じ状態を保つことなく移り変わって行き、永久不変なものなどないということ(故事ことわざ辞典より)。
消費者ほど諸行無常な生き物はいないのではないでしょうか(笑)。

安い商品があれば、飛びつく、だけど品質が悪いと安かろう悪かろうだ!!!とすぐに突き放す、やっぱり値段相応よね^^とコロコロと意見を変える。
それの繰り返しです。

今消費者が激安を求めているからと言って、ホイホイと激安・格安なんて言葉を含めたコンテンツを作っても、消費者はその後ソッポを向いてしまうこともあり得ます。
ですので、安易に“激安”、“格安”という言葉を含めたコンテンツを作るのは考え物です。

最初のうちは良いかもしれません。
消費者がソッポを向いてしまった後は大変なことになります。

なにせ“激安”、“格安”で上位表示させてしまっているわけですから・・・。
1番良いのは、“激安”、“格安”の他にも、安定して検索されるワードを入れて上位表示させることです。

「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
新しい被リンクの評価安定に半年程。リンクエイジとビッグワード攻略
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
印刷媒体プレゼンス低下、Web存在感。外部環境変化と広告宣伝費配分
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
PR