忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グーグルの危機


2015年1月31日の日本経済新聞の朝刊に、検索エンジンに関する記事が載っています。“独走グーグルに包囲網 動画フェイスブック急伸 検索アマゾンが存在感”というタイトルの記事です。日本経済新聞にも取り上げられるようになったのですね。
いよいよグーグルも他社に追い付かれてきたのですね。記事タイトルにあるように、動画のユーチューブはフェイスブックに、検索のGoogleはアマゾンがジワジワと追い上げているとのこと。
検索部門での他の動きとして、米モジラのファイヤーフォックス米国版初期設定の検索エンジンを米ヤフーに切り替えられています。更にヤフーのマリッサ・メイヤーCEOはサファリも取りに行くとのこと。このことにより、SEOも変化を迫られることは間違いありません。
グーグルのシュミット会長は、ライバルはアマゾンだと言っているようです。以前流行した「ググる」は、今では「ググらない」に変わってきているようですし。ではどこで検索しているのか。アマゾンのサイトで直接商品を探す消費者が増えているのだそうです。
グーグルはグーグルで静観しているわけではありません。検索結果に商品商品写真を表示する新型広告を対抗策として展開。ですが、売り上げや利益はまだまだグーグルが勝っているとのこと。これがカメとうさぎになるのか見ものです。

リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化

催眠術師が引き出す前世情報
催眠 前世

愛媛県松山市の民家・企業の大量ゴミ回収サービス
ゴミ 回収 松山

日本語URLの元たる「符号URL」には幾つか種類有。UTF-8、EUC、シフトJIS等
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
PR