忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SEO対策会社


“SEO対策”で検索すると、検索結果にはズラーッとSEO業者のサイトが並びます。
SEO業者に依頼しようとして検索したと思います。

ではその検索結果の中からどのようにSEO業者を見付けますか。
検索結果の上位に表示されているサイトをいくつか見ていって、なんとなくココが良いかなぁ、すごいホームページだから腕が良さそうだからココにしよう、このホームページのデザインなんだかショボイな・・・ココはやめておこうと思いながら選ぶと思います。

何を重視したいかで決まります。
検索結果の順位の方が重要だというのであれば、ホームページの作りが少々劣っていても構わないどちらかと言えばSEO対策重視か、検索結果の順位はそこそこ上位に表示してくれれば良いから、他ではめったにない珍しい、素晴らしいレイアウトのホームページを作ってほしいというSEM重視か。

目的や対策をする狙いによっても変わってきます。
SEO・SEM対策のどちらを重視している業者なのか。

よく考えて業者に依頼しないと、後々自分が困ることになりますので、安易な気持ちで選ばず、よく吟味した方が良いです。

タイトルテキストは前方と後方に区分し記述内容を分ける。TitleのSEO
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可

ヒプノセラピーで弱点を克服
ヒプノ セラピー 池袋

対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
同じ記事群をPCサイトとスマホサイトで使い回すリスク、検索集客ゼロ
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
重複コンテンツ(非正規コンテンツ)対策。メタタグnoindexが効果的
PR