忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SEO対策 格安


SEO対策を依頼するにあたって、何を条件にしてどんなことを重視して業者を探すでしょうか。
クチコミ、料金を挙げる方も多いかもしれません。

格安SEO、激安SEOと掲げられると心がぐらつきます。
SALE!や、○着買うと△△%OFF、○○円以上買うと△△%OFFなど、魅力的なPOPが店頭、店内にあったり、言われたりするとついつい検討したり買ったりしてしまいます。

これはいたってシンプルだから消費者は食い付くわけです。
料金体系が複雑だと消費者は面倒になって去って行きます。

SEO対策も同じで、シンプルな料金表示をしている方が好かれます。
ホームページがシンプルなこともプラスに働きます。

トップページにごちゃごちゃと表示されていると読む気が失せます。
伝えたいことがたくさんあるというのは分かります。

ですが人間というものは潜在意識ではシンプルを好みます。
格安!、安定!など、シンプルに分かりやすく訪問者に訴えかけて分かってもらうことが大切です。

実績を伝えたい気持ちは分かります。
訪問者も実績を知りたいというのも分かります。

ですが、該当サイトのブログを上位表示できなければ意味がありません。
他のキーワードの実績はあまり重要ではありません。

依頼者も実績に左右されてはいけません。
自分のサイトやブログを上位表示してくれる業者を実績以外のことで探した方が良いのです。

格安だからダメ、高いから良いというわけでもありません。

PR

SEO対策 激安


激安、SALE、格安、タイムSALE、消費者にとってはとっても魅力的な言葉たちかと思います。
しかし、消費者の心はコロコロ変わります。諸行無常です。

諸行無常とは、この世に存在するすべてのものは、同じ状態を保つことなく移り変わって行き、永久不変なものなどないということ(故事ことわざ辞典より)。
消費者ほど諸行無常な生き物はいないのではないでしょうか(笑)。

安い商品があれば、飛びつく、だけど品質が悪いと安かろう悪かろうだ!!!とすぐに突き放す、やっぱり値段相応よね^^とコロコロと意見を変える。
それの繰り返しです。

今消費者が激安を求めているからと言って、ホイホイと激安・格安なんて言葉を含めたコンテンツを作っても、消費者はその後ソッポを向いてしまうこともあり得ます。
ですので、安易に“激安”、“格安”という言葉を含めたコンテンツを作るのは考え物です。

最初のうちは良いかもしれません。
消費者がソッポを向いてしまった後は大変なことになります。

なにせ“激安”、“格安”で上位表示させてしまっているわけですから・・・。
1番良いのは、“激安”、“格安”の他にも、安定して検索されるワードを入れて上位表示させることです。

「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
新しい被リンクの評価安定に半年程。リンクエイジとビッグワード攻略
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
印刷媒体プレゼンス低下、Web存在感。外部環境変化と広告宣伝費配分
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く

SEO対策 見積り


SEO業者にSEO対策を依頼しようと思い立った場合、どのような手順で事を進めるでしょうか。

インターネット上でSEO業者を検索
→数あるSEO業者の中から何社かに絞る
→業者それぞれの口コミをチェックしてさらに絞り込む
→絞り込んだSEO業者に見積もりを依頼する
→自分の条件にあてはまったSEO業者にSEO対策を依頼する。

だいたいはこのような流れでしょうか。
なぜ依頼する側はSEO業者に見積もりを依頼するのか。

それはSEO業者のホームページに提示されている料金表が複雑すぎるからか、それとも分かりやすく提示されてはいるが念のため本当に提示している金額で良いのか確認の意味を込めて見積もり依頼を出したのか。
こうなると、依頼する側のことも考えて、SEO料金の提示はシンプルにするべきではないかと思います。

よほど特殊なSEO対策技術がある場合には基本料別途オプションということにしても良い思います。
SEO対策だけに限らず、なんだかんだでシンプルが1番ですし求められていると思います。

見積もりに関するやり取りに使う時間をSEO対策に充てることが出来れば、素晴らしい結果が出せる可能性も出てきます。
何にどのくらい時間を使うかは人それぞれです。

SEOサービス
トンケン経営研究所
検索エンジン上位表示
ネット広告代理店
SEO対策 コンサルティング
SEOサービス
SEO対策 サービス
SEM対策会社
SEO対策 実績
ホームページ SEO対策
検索上位表示
SEM代行
ネットショップ 集客
被リンク サービス
SEO対策 東京