忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SEO対策 ブログ


SEM対策に関するブログはインターネット上にたくさんあります。
たくさんあり過ぎてどのSEM対策ブログを読んだらよいのかわからなくなります。

かといって全部のSEM対策ブログに目を通していたら他のことが出来なくなってしまい、そうなってしまっては元も子もありません。
ならば検索をして上位に表示されたSEM対策ブログを読めが良いかというとそうでもないので少々面倒です^^;。

SEO対策やSEM対策を始めよう、基礎を知りたいを言う方々からしたらもっと大変なことになります。
何事もそうですが、最初が肝心です、キモです、要です。

初っ端に間違った知識をインプットしてしまいますと、間違った知識のまま対策し続けてしまうことになります。
それは1番避けたいことですので、しょっぱなから気合を入れてSEO・SEM対策に関する知識を身に付けていきます。

多分経験があると思います。
よっぽどのことがない限り取り入れた知識を改めることは難しいです。

本気で取り組まないと誤った知識を改めることはできません。
“思い込み”と似ています。思い込みほど恐ろしいことはありません。

知識を取り入れる場合、最初が肝心です何事も。

Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
余計な被リンクが付いて無いURLほど被リンク対策で容易に順位上がる
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増

アラフォー女子向けの婚活支援サービス
アラフォー 婚活
女 を 磨く
PR

SEO対策プロ


“プロ”、“ベテラン”、“玄人”。
どれも魅力的な言葉です^^。

第三者から言われるとてもうれしい言葉でもあります。
ただ、不快になるのは、自分のことを本気でプロだと思っていて、自信があるのは良いことですが、それを自慢してくる人です。

本当に力がある人は自分の手柄を他人に話さないし自慢しません。
胡散臭い印象を与えてしまうことが分かっているからです。

同じような経験をしたことはありませんか?。
プロ・ベテランなど御託を並べられて嫌な気分になったり、翻って怪しい、胡散臭いと思ったことが。

俯瞰(ふかん)過ぎな物言いの人達にも注意です。
なぜ上から目線の考えや言い方をするかと言いますと、自分に自信がない、他人から褒められないからです。

だから自分で自分の凄いところを分かってもらいたい、伝えたい、弱いところを見せたくない、
見られたくないなどの思いから、攻撃的な態度や上から目線の物言いになってしまうのです。

そして自分がいかにすごい人間かを自慢するというわけです。
ですので、上から目線の文章や自慢話ばかりしている人やブログには注意です。

本当に凄い人は自分からは言いませんし、周りの人達から褒められて認められて“プロ”といえます。
他人の自慢話は聞いていて気持ちの良いものではありませんしね。

自称“プロ”には注意しましょう^^。

検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる

ヒプノセラピストのホームページ
ヒプノ セラピー

美容整体について
骨盤 矯正 梅田
整体 梅田

出張専門の買取り業者、松山市
出張 買取 松山
処分 松山
廃品 回収 松山
液晶 テレビ 買取 松山

米国でネットショッピングしたい人向けのサービス
米国 購入 代行

競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い

グーグルの危機


2015年1月31日の日本経済新聞の朝刊に、検索エンジンに関する記事が載っています。“独走グーグルに包囲網 動画フェイスブック急伸 検索アマゾンが存在感”というタイトルの記事です。日本経済新聞にも取り上げられるようになったのですね。
いよいよグーグルも他社に追い付かれてきたのですね。記事タイトルにあるように、動画のユーチューブはフェイスブックに、検索のGoogleはアマゾンがジワジワと追い上げているとのこと。
検索部門での他の動きとして、米モジラのファイヤーフォックス米国版初期設定の検索エンジンを米ヤフーに切り替えられています。更にヤフーのマリッサ・メイヤーCEOはサファリも取りに行くとのこと。このことにより、SEOも変化を迫られることは間違いありません。
グーグルのシュミット会長は、ライバルはアマゾンだと言っているようです。以前流行した「ググる」は、今では「ググらない」に変わってきているようですし。ではどこで検索しているのか。アマゾンのサイトで直接商品を探す消費者が増えているのだそうです。
グーグルはグーグルで静観しているわけではありません。検索結果に商品商品写真を表示する新型広告を対抗策として展開。ですが、売り上げや利益はまだまだグーグルが勝っているとのこと。これがカメとうさぎになるのか見ものです。

リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化

催眠術師が引き出す前世情報
催眠 前世

愛媛県松山市の民家・企業の大量ゴミ回収サービス
ゴミ 回収 松山

日本語URLの元たる「符号URL」には幾つか種類有。UTF-8、EUC、シフトJIS等
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?